無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > TOEICに近道なしだが実力に近い本で勉強して効果を上げる 広告、リンク

TOEICに近道なしだが実力に近い本で勉強して効果を上げる

 TOEIC500点まではテクニックで取れます。TOEICは『4択の試験』なので、4択を3択、2択に絞り込むテクニックを身に付ければ『正解確率』が上がり点数UPにつながるからです。

 しかし、当然ながらテクニックでは本当の英語力向上は出来ません。4択からたった1つの正解を見つけ出すには問題をしっかり理解しなければ解けません。

 つまりTOEIC700点・900点を目指すのであれば、結局は1つ1つの英文法、英単語をきっちり勉強しなければなりません。

 半年で900点が取れる等々謳っている本はたくさんありますが、絶対に TOEICでは急激なスコアアップは存在しません。なぜならTOEICは500点レベルの問題が解けなければ900点レベルの問題は解けないように出来ているのです。

 TOEICはレベルが高くなればなるほど 多くのポイントを問題に含みます。
下の文章を見てください。

That the government may raise interest rates at any time has always been a major ________ in our economic forecasting.
(A) deduction (B) situation
(C) factor (D) maintenance

この問題には Keyとなるポイントが4つ含まれています。

@interest rates(単語力) Ahas always been(現在完了)
Ba major + 名詞(序列) C4択から答えを選ぶ単語力

答え:

 自信を持って解答するためにはこの4つのポイントを押さえなければなりません。レベルが高い問題は、ただ単語が難しいのではなく、答えを解くために理解すべきKeyポイントが多いのです。

 500点レベルの文法とに700点レベルの文法と900点レベルの単語・文法を理解して初めて900点レベルの問題が解けるようになる。だからまず500点の問題が解けないと900点の問題は解けないようになっているのです。

 自分の実力を知ること、500点レベルの問題が解けなければ、まずはそこを徹底的に勉強してください。背伸びをしたところで、TOEIC点数が上がるわけではありませんから自分のレベルにあった本を選ぶべきでしょう。

 私はそれがTOEICスコアアップの最短の道だと信じています。ご参考にスコア別にどのような勉強をしたらいいのかを解説している参考書を紹介します。

英語が使える日本人TOEICテストスコア別英語学習法です。



TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.