無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 就職にTOEICは有効か考える 広告、リンク

就職にTOEICは有効か考える

 就職を迎える学生の方々、「TOEIC試験を受けなきゃ」「えっ、TOEICって何?」なんてあせっている方々TOEIC点数が高いと就職に有利なんて言いますが、いったいどのぐらい有利なのでしょうか。

 まずはじめに、、、TOEICの点数が低いと就職できないなんてことはありません。また、TOEICの点数が高いと採用なんてことはありません。TOEIC点数は参考値であり、就職を決める指標ではありません。

 企業へ提出する履歴書には多くの学生がTOEIC点数を記載します。
(あくまで私の個人的な認識ですが)「英語が得意です」なんてアピールを考えない限り、常識的な点数を書ければOKです。日本の大学生のTOEIC平均点が500点前後ですので500点以上であれば常識的な点数と言えます。

 じゃあTOEIC点数を就職への武器として使いたいのであればいったい何点あればいいのでしょうか。就職活動の仮想ライバルのTOEIC点数を見てみましょう。英語が得意とアピールする学生はおそらく半年〜1年留学していましたなんて学生が多いと思います。そんな学生達はTOEIC700点から800点の点数を持っていることが多いことを知っておいてください。

 そこであなたが留学しておらず、彼らと同じぐらいの点数を持っていれば「留学していないが」TOEIC700点〜800点といったアピールができると思います。だから700点ぐらいでしょうね。

 もし留学しているのであれば、800点以上だと思います。なんか勝手なことを書いているかもしれませんが、
ポイントは 試験の面接官は あなたの英語力を見ているだけでなく、あなたがどれだけ努力できる人かをTOEIC点数を通して見ていると思います。つまり、他の学生と同じ条件でより高い点数を持っていれば有利だと思います。

採用する側(サラリーマン)がTOEICに対してどのように感じているか読み物です。



TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.