無料レポート

TOEICスコアアップ専門本屋

姉妹サイト
英語漬け.comバナー
トップページ | サイト紹介 | amazonについて | リンク募集

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ人気参考書TOP10目的別で選ぶ参考書点数別で選ぶ参考書TOEIC参考書のランキング100冊
TOEIC学習ソフトTOEIC頻出文法TOEIC頻出単語TOEIC頻出熟語TOEICに役立つコラム

サイトナビ ホーム > コラム > 単語間の発音ルールを知ってリスニング力UP 広告、リンク

単語間の発音ルールを知ってリスニング力UP

 英語では単語の語尾次の単語の頭をつなげて発音することを意識していますでしょうか。

 どの言語も発音には母音(あ、い、う、え、お)と子音がありますが、英語は日本語と比べて母音が少ない言語です。
そのために発音のルール上、母音が2個続く単語を嫌います。例えば、外国人にとっては日本語の「青(あお)」や「家(いえ)」など母音が続く発音が苦手。この場合はどちらかの母音に発音の重点をおいて、片方を子音のようにアクセントを弱めます。

 英語の発音ルール上、母音の次には子音がついてくることになります。
では単語間の発音を見てみましょう。
単語の終わりと次の単語の始まりが母音同士だったら単語と単語の間を区切って発音します。
ではもし母音と子音だったら、あるいは子音と母音だったらどうするのでしょうか。
この場合、それぞれがくっついて発音される可能性があります。下の例を見てみましょう。

例:
Can I get a pen? (ペンをもらえますか)
キャン アイ ゲッタァ ペン

この場合、get と a がまるで一語のように発音されます。これは母音と子音が並んでいるからです。

これが英語発音の重要ルールのひとつ。リスニング力向上のため、単語間の発音ルールを知れば
リスニング学習の意識づけが変わります。

 興味のある方は詳しい参考書を紹介します。単語間の発音だけでなく、数字の聞き取り、アクセントなどあなたの苦手分野を知って、学習できるおすすめのリスニング参考書です。
英語の発音をしることはリスニング力向上の礎。またTOEICだけでなく英会話力向上にも効果があるルールかと思います。



TOEICスコアアップ専門本屋ホームへ戻る


Copyright (C) 2009 TOEICスコアアップ専門本屋. All Rights Reserved.